シン・(3匹の)コブタ~コスパのいいレンガの家 施工方法比較~
シン・(3匹の)コブタ~コスパのいいレンガの家 施工方法比較~ » レンガの家とさまざまな工法の住宅性能を比較してみました!

レンガの家とさまざまな工法の住宅を比較

レンガの家とさまざまなタイプの住宅性能を比較

北欧に建ち並ぶ美しいレンガ造りの家。そのレンガ造りの家には実は多くのメリットがあります。陶器として1000度以上の高温で焼かれたレンガは、耐震・耐火性に優れるだけでなく、なんと100年以上もの間メンテナンスをせずに何世代にも渡って住むことができます。

今回はそのレンガの家の性能と、その他のタイプの住宅性能を比較してみましたので、家づくりの工法で迷っている方は詳細ページをご覧になってみてはいかがでしょうか。

ZEHとレンガの家、建てるならどちら?

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは高い断熱性と省エネ性能を備え、太陽光発電などでエネルギーを創ることにより、年間の空調や照明、換気に使われるエネルギー量の収支をプラスマイナス「ゼロ」にする住宅のこと。エネルギー効率の高い設備を作る必要があるため、初期費用や定期メンテナンスでの設備維持費は高めです。

レンガの家は1つずつレンガを水平に積み上げていくため一般住宅よりも工期が長く、その分コストがかかります。一方で100年以上メンテナンスが不要といった大きなメリットも。

果たして建てるならどちらがいいのか、ZEHとレンガの家のメリットとデメリットを比較しご紹介いたします!

ZEHとレンガの家のメリットとデメリットを見る

ツーバイフォーとレンガの家、建てるならどっち?

ツーバイフォーは家全体を箱と見立て、壁面4パネルと、床面、屋根面の2パネルで構成する工法です。日本には明治時代に入ってきて、昭和後期では一般的となってきました。その特徴は耐震性の高さと気密性の良さ。また、建築部材のほとんどが工場で生産され、現場では組み立てるだけという工程が多く、工期はかなりスピーディーで工賃も低くなるというメリットがあります。

一方、レンガの家はツーバイフォーの家と比べると自分だけのオリジナルの家を建てられる魅力があります。さらに水分を吸収する調湿効果があるため、湿気にも負けません。

果たして建てるならどちらがいいのでしょうか、レンガの家とツーバイフォーのメリットとデメリットを比較しご紹介いたします!

ツーバイフォーとレンガの家のメリットとデメリットを見る

木造軸組工法とレンガの家、建てるならどっち?

木造軸組工法の魅力は何と言っても設計の自由度が高い点。どのような形の土地でも、柔軟にデザインを組むことができます。ただし、大工さんの腕に大きく依存している工法なので、品質の良し悪しはすべて大工さん、そして工務店にかかってきます。その点、施工業者も多いので口コミや実績などでじっくり選ぶことができるのは助かります。

レンガの家と比較すると、どのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか?

木造軸組工法のメリットとデメリットをレンガの家と比較しご紹介いたします!

木造軸組工法とレンガの家のメリットとデメリットを見る

長期優良住宅とレンガの家、建てるならどっち?

長期優良住宅のメリットは税制の優遇措置にあります。国土交通省の認定基準をクリアできれば所得税の住宅ローン控除、所得税の投資型減税などお得な優遇がいろいろ受けられます。しかも認定基準をクリアするために設計をすればおのずと高品質な家が建てられてしまうというのも魅力。ただし、申請するには費用もかかるし、建てた後に義務化されるメンテナンスの費用などの問題も出てきます。

レンガの家は何と言ってもデザインの良さと、断熱性、機密性など暮らしやすさへの性能の高さがポイント。ではレンガの家と長期優良住宅を比べた場合どちらがよりメリットがあるのか。

レンガの家と長期優良住宅のメリットとデメリットをそれぞれご紹介いたします!

長期優良住宅とレンガの家のメリットとデメリットを見る

プレハブ住宅とレンガの家、建てるならどっち?

プレハブ住宅の魅力は建築コストが安いことが挙げられます。工期も短いので建て替えの場合も、仮住まいに写る期間も短くて済むのが魅力。ただし、あくまでも規格品なので土地に合わせた設計などはできません。あなたが建築を予定している土地では建てられない場合や、その土地を活かせないことは考えられます。

レンガの家でプレハブ住宅にないメリットは設計の自由度。あなただけのオリジナルの家が建てられること。そして機能性も高く快適な家が建てられることですね。

あなたならどちらの工法を選びますか?レンガの家とプレハブ住宅のメリットとデメリットを比較しご紹介いたします!

プレハブ住宅とレンガの家のメリットとデメリットを見る

鉄骨造とレンガの家、建てるならどっち?

鉄骨造は骨組みに鉄骨を用いた工法、構造のことです。鉄筋コンクリート造のような重量感のある家ではなく、軽やかでシャープな家を建てられます。デザインや間取りの自由度も高く、大きな空間を作れるのが魅力です。リフォームやリノベーションしやすい構造で、家族の成長や変化に合わせて間取りの変更を含めたリフォームを行うことができます。

一方、レンガの家は耐熱性能の確保やランニングコストが抑えられるのがメリットです。そんな鉄骨造の家とレンガの家、建てるならどちらの家が良いのでしょうか?レンガの家と鉄骨造住宅のメリットとデメリットを比較して紹介します。

鉄骨造とレンガの家のメリットとデメリットを見る

鉄筋コンクリート造とレンガの家、建てるならどっち?

鉄筋コンクリート造はポピュラーな建物構造で、鉄筋とコンクリートを使用します。耐久性が高く、メンテナンスを行えば耐久年数は120年以上。地震にも強く、過去の震災において最も被害が少なかったのが、この鉄筋コンクリート造で建てられた建築物です。それからレンガの家と同様に、断熱性、耐火性、遮音性にも優れています。

一方でレンガの家は異国情緒を味わうことができ、また自然のやさしい温もりを感じながら過ごせます。

さて、鉄筋コンクリート造の家とレンガの家、あなたにぴったりな家はどちらでしょう?レンガの家と鉄筋コンクリート造のメリットとデメリットを比較し解説します。

鉄筋コンクリート造とレンガの家のメリットとデメリットを見る

三兄弟が選んだ「積みレンガ」の家 エリア別おすすめ施工業者3選 施工事例と特徴をチェックする