シン・(3匹の)コブタ~コスパのいいレンガの家 施工方法比較~
シン・(3匹の)コブタ~コスパのいいレンガの家 施工方法比較~ » レンガの家に関する疑問にお答えします! » レンガの家と地震

レンガの家と地震

レンガの家と地震の相性はよいのでしょうか?気になるレンガと地震の関係に迫ります。

レンガの家は地震に弱いって本当?

なぜレンガの家が地震に弱いと言われることがあるのか

レンガの家を建てたいという思いを抱いた時、すぐにレンガの家は地震には強いの?と言う疑問に必ず到達することと思います。それは地震大国である日本に住んでいれば当たり前のこと。そして多くの人が、レンガの家とは地震に弱い建築物だと思っています。それは海外で地震があった際に、ニュースやインターネットでレンガ造りの家が無残にも崩れ落ちている映像や写真をみたことからくるものでしょう。

しかし、このとき海外のレンガの家だからだという事実はほとんどの場合見逃されています。海外のレンガの家はレンガをただ積み上げて接着しているだけのものが多く、それが地震により簡単に崩れてしまっているのでしょう。しかし、日本は地震の多い国です。日本で建てられるレンガの家は地震に強いよう頑丈に作られています。

日本のレンガの家は地震対策が取られていること

日本で建てられているレンガの家は、しっかりと地震対策がとられています。日本には建築基準法があり、それは特に地震の多い国であることからとても厳しい基準が設けられているので耐震性の低い建物は建てられません。ヨーロッパから伝わったレンガの家ですが、日本では日本仕様として地震に強いレンガの家へと進化しているのです。

特に地震に強いのは木造住宅の構法を取り入れた積みレンガの家

レンガの家と聞くと、ただ積み上げただけのものをイメージする人もいますが、日本で家を建てる際には建築基準法に則って、その基準をクリアしていないと建てることはできません。
日本ではたびたび大きな震災が起こって多数の被害が出ていることから、建築基準法はとても厳しくなっているので、レンガを積み上げただけの構造の家を建てることはできないのです。
そのため、レンガの家を建てる際にも、木造住宅などに用いられているツーバイフォーや在来工法などが採用されているので、木造住宅よりも耐震性が低いということはありません。

耐震性能があるレンガの家のメカニズムってどんなもの?

積みレンガの家を建てる際には、その重さに耐えられるように基礎はコンクリートで固められていて、外壁には縦と横に頑丈な鉄筋を配しています。
積み上げるだけのレンガの家は、立方体のレンガが使われていますが、日本で使われているレンガは中心が空洞になっていてそこに鉄筋を通しているので、地震などの揺れで崩れることはないのです。
施工会社によって工法は異なりますが、揺れの影響を受けやすい部分には特殊な補強を入れたり、建物に加わる振動を基礎から逃がすよう工夫された工法などを採用しています。
震度6以上の揺れにも耐えられるよう、何度も耐震実験をおこなっていますので、その頑丈さは証明されています。
木造住宅と同じ工法に、さらに頑丈な鉄筋とレンガでできているので、従来の木住宅よりも丈夫だということがおわかりいただけたでしょうか。
耐震性に不安があった人も、安心してレンガの家を検討してみてください。

三兄弟が選んだ「積みレンガ」の家 エリア別おすすめ施工業者3選 施工事例と特徴をチェックする