シン・(3匹の)コブタ~コスパのいいレンガの家 施工方法比較~
シン・(3匹の)コブタ~コスパのいいレンガの家 施工方法比較~ » 北関東地方でレンガの家をつくる

北関東地方でレンガの家を建てる

レンガの家

レンガの家は、丈夫で気候の変動が激しい地域の家づくりにもおすすめです。北関東地方は、山々が連なっている地域は冬になると雪が降り、積雪量も多いでしょう。

一方で平野部は、夏の暑さを感じやすい一方で冬も寒さが厳しくなりやすい特徴を持っています。

レンガの家なら、気候の変動が激しい地域でも安心して住める家づくりが実現するでしょう。

茨城県の特徴とレンガの家
について考える。

湿気が多い茨城県

茨城県は関東地方の中では、夏は涼しく冬は寒い、という気候の特徴があります。また、最大の特徴は年間を通しての湿度が高いという点です。

茨城県が太平洋に面していること、さらに日本第2位の湖面積を持つ霞ケ浦を有していることが、湿度が高い原因と考えられています。

湿気にも強いレンガの家

レンガの家の中でも積み上げによる工法の場合、下地や土台と直接接していないため、外壁の内部に入り込む水分が外壁材に対して悪さをしません。

積みレンガの家は、湿気によるダメージを受けにくく、カビも生えにくいでしょう。

外壁の劣化が少ないことで、メンテナンスを必要とする頻度も少ないため、初期コストはかかるもののその後のメンテナンス費用が少なく済むというメリットがあります。

栃木県の特徴とレンガの家
について考える。

夏は暑く冬は寒い

栃木県は海に面していない県で、日光・那須地方には大きな山々が連なっています。そのため1年を通じた気候は、夏は湿度が高く暑い、冬は空気が乾燥していて寒い、という特徴を持っています。

夏は、気温が上がって積乱雲が発達しやすいため、雷や大雨の発生に注意が必要です。

冬は、昼と夜で気温の差が激しく、平野部でも0℃以下と厳しい寒さになる人も多いでしょう。寒さが厳しい冬ですが、北西からの季節風の影響で晴れやすく、冬は日照時間が多いことも栃木県ならではの特徴です。

気候の変動にも強いレンガの家

栃木県のように、夏は暑くて冬は寒いという季節の特徴が大きく現れる地域は、季節の気候に左右されることない快適な家を建てる必要があります。

レンガの家は、耐熱性能・蓄熱性能に優れている、という特徴があります。夏は暑く冬は寒い気候が特徴の栃木県での家づくりにはおすすめの、夏は涼しく冬は暖かく、の家が実現します。

実際に、年間を通じて一定の室内温度を求められている大型倉庫でも、古くからある倉庫はレンガ造りのものが多いです。

レンガの内部には無数の小さな気泡が存在しており、レンガそのものが断熱効果をもっています。

群馬県の特徴とレンガの家
について考える。

群馬県は南部と西部・北部で気候の特徴が異なる

群馬県は、南部に平坦地が広がっており、西部や北部には山地が多い地形をしています。そのため、南部と西部・北部では気候が異なります。

平野部は、太平洋型の気候で内陸にあるため、夏の暑さが厳しいです。また、日差しに温められた空気が山を上がっていって雷雲になるため、夏場は雷が増加します。

一方で、冬は空っ風と呼ばれる冷たくて乾燥して強い風が吹きます。

西部・北部である山間部は、夏でも涼しく爽やかな気候が特徴です。冷涼な気候を活かして、キャベツの栽培が盛んに行われています。冬は季節風が大きな影響をもたらし、雪を降らします。

風が吹いても雪が降ってもレンガの家は丈夫

レンガの家は、耐久性に優れています。中空積みで作られた空間は、風の通り道として役立ちます。空間が優れた呼吸機能を持つため、結露が起こりにくく躯体の劣化も防いでくれるでしょう。

また、レンガを基礎から積み上げて作っているため、構造体に負担がかかりにくく、風が吹いたり雪が降ったりする地域でも安心の丈夫さです。

丈夫で長持ちすることから、メンテナンスがほとんど必要なく、補修や塗り替えの費用もかからないことから、コスパがよい外壁材として人気です。

丈夫で長持ちする家、気候の変化に強い家を建てるなら、レンガの家をおすすめします。

レンガなら耐熱性・蓄熱性が高い家を建てられる

北関東地方は、夏は暑く、冬も寒いという気候の特徴を持つ地域が多い地方です。

また、関東地方と聞くと冬はそれほど雪が降らないというイメージを持つかもしれませんが、山々に近い地域では積雪量も多いため、雪対策も必要です。

夏は暑く冬は寒い地域でも快適に暮らせる家づくりをするなら、レンガの家がおすすめです。耐熱性能・蓄熱性能が高いことはもちろん、厳しい気候の地域でも、丈夫なレンガの家なら安心です。

三兄弟が選んだ「積みレンガ」の家 エリア別おすすめ施工業者3選 施工事例と特徴をチェックする