シン・(3匹の)コブタ~コスパのいいレンガの家 施工方法比較~
シン・(3匹の)コブタ~コスパのいいレンガの家 施工方法比較~ » 東海地方でレンガの家をつくる

東海地方でレンガの家を建てる

レンガの家イメージ

静岡県・岐阜県は、東海地方に属する県です。落ち着いた気候の地域が多いものの、地域によっては寒さ・暑さが厳しくなったり、激しい気象現象が起こったりすることもあります。

気象の変化は予測できないものも多く、万が一に備えた家づくりはどの地域に家を建てる場合であっても、必要です。

レンガはとてもタフで、気象の変化にも強く寒さや暑さからも守ってくれます。静岡県・岐阜県での家づくりにもおすすめしたい外壁材です。

静岡県の特徴とレンガの家
について考える

静岡県は比較的温暖なことが多い

静岡地方気象台は、静岡県の気候を以下のように発表しています。

県内の平均気温は、遠州灘、駿河湾に面する沿岸部では15~16℃と比較的温暖ですが、中部や東部の標高の高いところでは11~12℃と標高と同様に気温差も大きくなっています。

 県内の年間の降水量は、分布図から見ると、平地で1800~2300mm前後、多雨地域は静岡市山岳部で3000mm、富士山麓で2800mm、少雨地域は、遠州地方と伊豆半島の西海岸で1600~2000mmです。

引用元:静岡地方気象台:静岡県の気象特性

ときに激しい気象現象も訪れる県であるものの、基本的には比較的温暖なため、過ごしやすい・暮らしやすい県として知られています。その分激しい気象現象が現れたときには驚くほどの変化が訪れるため、もしもの時に備えて万全の家づくりを心がけましょう。

静岡県の気候は4つの地域に分けられる

全体的には温暖な気候が続く県ですが、東西に伸びている県であるため、気候は伊豆・東部・中部・西部と4つの地域に分けられています。

4つの地域のそれぞれの特徴は以下の通りです。

①伊豆

伊豆半島の南部と北部、東海岸と西海岸で気象の特性が異なっています。沿岸地方では、年平均気温が15~17℃と暖かく、一方、内陸の田方平野では日中と夜の気温差が大きく、冬期の冷え込みは強くなっています。

②東部、富士山麓

この地域は標高により気温が変わり、御殿場・白糸(標高約500m)で年平均気温が13℃位ですが、吉原(標高35m)では県内の平坦部と変わりません。

風向は、富士山・愛鷹山等の地形の影響により、東・西山麓では南と北風が卓越し、南山麓では秋から冬にかけては、西の風が現われやすく、夏は海陸風により南風が多くなっています。

③中部

中部山岳の南側にあたり、駿河湾の影響をうけて気候が温和です。

 風は、静岡付近で南ないし西の風と、北東の風が顕著です。冬の季節風は、山間部では弱いですが、大井川下流から南では西よりの風が強く、春から秋には海陸風により日中は南よりの風が吹きます。

④西部

浜松市を含めた沿岸部ではおよそ16℃くらいで、天竜から佐久間にかけての山間部では、更に1℃程度低くなっています。しかし、佐久間や天竜では、夏期に県内の最高気温を記録することがあります。

引用元:静岡地方気象台:静岡県の気象特性

海岸に接している地域も多いことから、どの地域も風による影響を受けやすいでしょう。その影響で冬場は冷え込む地域もあります。

風にも負けない強固なレンガの家

レンガは、とにかく耐久性が高い外壁材です。海岸からの風の影響を受けやすい地域でも、しっかりと家の躯体を守り、長く安心して暮らすことができます。

またメンテナンスをする手間が少ないため、コスパが良い家としても好まれています。

静岡県のように比較的温暖でも時に激しい気象現象が起こる地域にも、おすすめできる外壁材です。

岐阜県の特徴とレンガの家
について考える。

美濃地方と高山地方の違い

美濃地方と高山地方(飛騨地方)は、同じ岐阜県でも標高差が大きいため、気候が大きく異なっています。美濃地方は降雪量が少ない一方、高山地方は豪雪地帯として知られています。

また、美濃地方は夏に40℃を超えるほどの暑さになることもありますが、高山地方は夏が涼しい一方で、冬になるとマイナス10℃を下回るほどの厳しい寒さになる日も多いです。

岐阜地方気象台は岐阜県の気象特性を以下のように発表しています。

美濃地方の岐阜(標高13m)は、年平均気温が15.8℃であるのに対し、飛騨地方の高山(標高560m)は、標高が高いこともあり、年平均気温は11.0℃と、岐阜に比べ低いです。

岐阜では、7月・8月の暑さは特に厳しく、真夏日・猛暑日の日数は、7月が19.9日・4.8日、8月が26.7日・7.4日です。夏期の美濃地方では高温を観測することがあり、多治見では、2007年8月16日に国内過去最高気温:40.9℃を記録(埼玉県熊谷とタイ記録)しました。冬は、1月・2月が最も寒くなり、冬日は平均して10日を超えますが、真冬日※4になることは、まずありません。

引用元:岐阜地方気象台:岐阜県の気象特性

どちらの地域にも適した家づくりなら、レンガを使おう

レンガは、とても優秀な外壁材として重宝されています。美濃地方なら外の暑さを室内に持ちこまない家づくりを、高山地方なら外の寒さが室内に影響しない家づくりを検討しましょう。

レンガの家は断熱性が高いことから、夏の暑さや冬の寒さを気にせず、快適な室内温度が維持できます。

また、耐久性もあるため、紫外線や風・雨・雪などにも強い特徴をもっています。レンガは、美濃地方・高山地方それぞれの家づくりに適している外壁材です。

東海地方に適した家をレンガ造ろう

東海地方は比較的温暖な気候の県が多くありますが、常に温暖であるとは限りません。激しい気象現象が起こるときや、地域によっては暑さや寒さが厳しいときもあるでしょう。

レンガの家は、タフで柔軟な対応ができるため、静岡県・岐阜県の両県で建てる際にもおすすめです。

三兄弟が選んだ「積みレンガ」の家 エリア別おすすめ施工業者3選 施工事例と特徴をチェックする