シン・(3匹の)コブタ~コスパのいいレンガの家 施工方法比較~
シン・(3匹の)コブタ~コスパのいいレンガの家 施工方法比較~ » 福岡県(九州)でレンガの家をつくる

福岡県(九州)でレンガの家を建てる

レンガの家

福岡県は、地域によって若干の差はあるものの、全体的に温暖な気候が続きます。冬は温暖で過ごしやすいと感じますが、夏は真夏日も多くなるため、暑さを感じるでしょう。

強い日差しが6月~9月下旬まで長く降り注ぐため、紫外線が与える家の影響も心配です。

福岡県のように、夏の暑さが厳しく紫外線も強い地域には、断熱性能が高く劣化がしづらい、レンガの家がおすすめです。

福岡県の特徴とレンガの家
について考える。

福岡県は4つの地域に分けられる

福岡県は、気候の特徴や地理的・経済的特性などから、北九州地域・福岡地域・筑豊地域・筑後地域の4つに分けられます。

①北九州地域

福岡県の北東に位置しており、北九州市や行橋市などが北九州地域に当てはまります。

九州最大の工業集積を誇っている地域で、ものづくりの技術を活かして地域の活性化が期待されています。

また、北九州空港が完成し、アジアの物流拠点としての整備も進められています。

②中枢機能の集積地、福岡地域

西日本のリーディングゾーンである福岡地域は、福岡市や太宰府市などが当てはまります。

大都市として活力がある地域でありながらも、自然や居住環境が整っていて住みやすい地域です。

③農業・地場産業が盛んな筑後地域

筑後地域は、大牟田市や久留米市などが当てはまる地域です。自然が豊かなため、農業や地場産業が盛んに行われています。

④新たな産業展開を試みる筑豊地域

筑豊地域には、直方市や田川市などが当てはまります。筑豊地域では以前石炭産業が盛んでしたが、衰退をしてから新たな産業基盤を生み出そうと整備が進められています。

自動車産業、農業などが新たな産業として行われ始めました。

福岡県と聞くと、福岡市を中心としているにぎやかなイメージを持つかもしれませんが、実際には福岡県は広く、さまざまな特徴を持った地域があることがわかります。

また、地域の特性の1つとして気候の違いもあるため、家づくりを検討する際は気候の特徴も把握した上で検討するとよいでしょう。

福岡県の気候は年間を通じて温暖

福岡県の場合は九州の他の地域と比べるとやや短いことが、福岡県の気候の特徴の1つです。ただ、冬季でも温暖で過ごしやすい気候が続くでしょう。北側の玄界灘の暖流、対馬海流の影響を受けることで、冬日がない年もあるほどです。

反対に、夏になると昼夜を問わず気温が高いため、暑さが厳しいことで有名です。真夏日は6月から見られ、7月~9月上旬までは厳しい暑さが続くでしょう。

冬の積雪もほとんどなく、あっても年1~2回ほどです。

福岡県の暑さにも耐えられるレンガの家

福岡県で家づくりをする際、意識しなければいけないのが、真夏日が続く夏に快適に過ごす家づくり、です。真夏日が続いていると外の温度が常に高い状態です。室内の温度が外気の温度に左右されやすい家で過ごしていると、必要以上にエアコンを使って消費電力も増え、経済的とはいえません。

暑さがこもってしまい、室内で熱中症になる……という恐れもあるでしょう。

レンガの家は、断熱性能が高いため、室内の温度が外気の温度に左右されることがありません。夏は涼しく、反対に冬は暖かく過ごすことができるため、余計な消費電力を使う必要もなくなります。

室内で冷えた空気が維持されるため、暑い夏は特にレンガの断熱性能の高さが感じられるでしょう。

また、暑さが厳しいと気になる紫外線ですが、レンガの家は紫外線にも強く劣化しづらいため、メンテナンスフリーです。初期コストはかかるものの、その後のメンテナンスでかかる費用が不要と考えると、レンガの家はとてもコストパフォーマンスに優れた家です。

劣化しづらく断熱性能も高いレンガの家なら、夏も冬も快適に安心して過ごすことができるでしょう。

福岡県の家はレンガで造ろう

福岡県は、4つの地域で特色が大きく異なります。気候も地域によって若干異なりますが、全体的には温暖です。

その分、6月~9月下旬までは暑さが厳しくなることも多く、真夏日が長く続きます。そのため、家づくりをするときは外気の温度に左右されることがない、断熱性能が高い家がおすすめです。

レンガの家は断熱性能が高いのはもちろん、紫外線にも強く劣化しづらい、というメリットもあり、レンガは福岡県での家づくりに最適な外壁材です。

三兄弟が選んだ「積みレンガ」の家 エリア別おすすめ施工業者3選 施工事例と特徴をチェックする