シン・(3匹の)コブタ~コスパのいいレンガの家 施工方法比較~
シン・(3匹の)コブタ~コスパのいいレンガの家 施工方法比較~ » 北陸地方でレンガの家をつくる

北陸地方でレンガの家を建てる

レンガの家

日本海に面している県、海岸からは遠い県とさまざまな県がある北陸地方は、県によって気候の特徴も大きく異なっています。家づくりをするときには、気候の特徴に合わせて快適な家を実現するための工夫が重要です。

外壁材がレンガの家なら、どんな気候にも対応しやすいだけでなく耐久性にも優れているため、長く安心して住めるでしょう。

新潟県の特徴とレンガの家
について考える。

新潟の気候は上越・下越で変化する

新潟県の気候は、主に上越・下越に分けられています。それほど大きな変化はありませんが、新潟地方気象台から発表されている数値を比較すると、気候の違いがわかります。

"年平均気温は山沿いでは11~12℃、海岸・平野部では13~14℃となっています。また、相対的に上越で高く、下越で低くなっています。年合計降水量は佐渡や下越の海岸部で1,500~2,000mmですが、山沿いでは3,000mmを越えるところもあります。山沿いでも湯沢や妙高方面は相対的に少なく、2,000mm程度となっています。年合計日照時間は海岸部や佐渡で1,500~1,600時間と多く、山沿いでは1,300~1,400時間と少なくなっています。”

(引用元:新潟地方気象台、新潟県の気象の特徴 https://www.jma-net.go.jp/niigata/menu/bousai/met_character.shtml)

新潟県は夏季と冬季ともに降水量が多くなり、日照時間が少なくなります。また、冬季は気温が低く、積雪も多いでしょう。

レンガの家なら耐久性と遮音性で快適生活

雨が続きやすく日照時間も少ないとなると、心配なのが家の劣化です。積みレンガの家は耐久性が高く、中空積みで作られている空間は風の通り道になってくれます

また、呼吸機能があり、結露を起こしにくくすることで躯体の劣化を防いでくれるでしょう。

また、レンガは遮音性が高いため、雨音が外壁にあたって音が気になるという心配もありません。静かで快適な居住空間を確保できます。

富山県の特徴とレンガの家
について考える。

富山県は豪雪地帯が多い

富山県の気候は日本海側気候とされ、冬の降雪が特徴です。とくに山間部は世界的な豪雪地帯として知られています。

冬の降水量が多いうえに、気温が低いことから積雪が多い県として知られています。また、実は全国で湿度が一番高い県であるため、湿気対策は必須です。

レンガの家で安心して暮らそう

湿気や積雪が多い県である富山県に家を建てるなら、湿気や水分に強い家を検討しましょう。レンガにはカビが生えにくい、雨風に強いという特徴があります。

レンガの家の外壁は劣化が少ないため、湿気や積雪が多い富山県でも安心して暮らすことができます。

石川県の特徴とレンガの家
について考える。

石川県は季節の移り変わりがはっきりしている

平均気温は東京と大差ないのですが、日照時間が少なく、冬の降水量が多い特徴をもっています。また、日本で最も雷が多い県として知られています。その数は東京の3.5倍です。特に冬場に多くなります。

防音性能が高いレンガの家がおすすめ

雷は大きな音がするため、家の中にいても気になるものです。夜間に雷が鳴っていると、気になって眠れなくなる人も少なくありません。

レンガの家は、防音性能が高く、外の音を軽減してくれます。雷の音も和らげてくれるため、雷の大きな音も気にせず、安心して暮らすことができるでしょう。

もちろん、雨風や紫外線にも強いため、劣化も気にせず長く住んでいただけます。

福井県の特徴とレンガの家
について考える。

福井県は全体的に寒暖差が激しい地域

福井県は、夏は蒸し暑く冬は寒くなって雪が降る、季節の寒暖差が激しい気候の特徴があります。

夏は真夏日が続いたと思ったら、冬は氷点下になる……ということも珍しくありません。さらに、福井県は平均湿度が75%以上という湿度が高い地域です。

気候の変化に対応してくれるレンガの家

夏は暑く冬は寒い、そして湿度が高い……という家にダメージを与えやすい気候の地域には、レンガの家がおすすめです。断熱性が高く、夏は涼しく冬は暖かく、が実現します。

また、中空積みで作られる空間が風の通り道となり、さらに呼吸機能を発揮してくれるため、結露を防いでくれます。

長野県の特徴とレンガの家
について考える。

長野県は県全体で内陸特有の気候

長野県は海に面していないことから、湿度が高く成りづらい一方で、気温の差が発生しやすい県です。特に冬は寒さが厳しくなるでしょう。

レンガの家は気温の変化に対応可能

気温の変化が激しいと体調を崩しやすい、とよくいわれています。長野県はまさに気温の変化が著しいため、家の中は快適な温度を維持できる状態が理想です。

レンガには断熱性があるため、家の中の涼しい空気や暖かい空気を逃がさず、外の空気もシャットアウトして快適な気温を維持してくれます。

夏の暑さ・冬の寒さを気にすることなく過ごすことができるでしょう。

山梨県の特徴とレンガの家
について考える。

内陸気候ならではの気温差が目立つ

山梨県の気候は基本的に内陸気候です。人口が多い盆地の平均気温は全国平均値と近いですが、山梨県の標高が高い地域の気温は低く、盆地との差は6℃ほどになる地域もあります。

また、内陸気候の特性である気温の差があるため、日較差・年較差も著しい県です。東京に近く関東地方の一部とされることもある県ですが、気候は北陸地方の特徴が目立っています。

気温差にも負けないレンガの家

気温差があると、いつの気候に合わせて家を建てるべきかで悩む人も多いです。しかし、大事なのはいつの気候にも対応して、常に快適に暮らせる家を建てることです。

レンガは断熱性能が高く、家の中に外の気温差を持ち込む心配がありません。夏は涼しく、そして冬は暖かく快適に暮らすことができます。

レンガには北陸地方に適した性能が備わっている

さまざまな気象条件の県が集まっている北陸地方では、気温の変化や湿度の高さにも負けない家づくりができる外壁材がおすすめです。

レンガには北陸地方のどの地域にも適している性能が備わっているため、家づくりを通じてぜひレンガの良さを実感してください。

三兄弟が選んだ「積みレンガ」の家 エリア別おすすめ施工業者3選 施工事例と特徴をチェックする